google-site-verification=r8lNMN1pNo-7je6xeFyEJHb-2Mw1bSYKi3YQJZ9w2G8

芦屋尊髪研究所設立のもう一つの意味とは?

7 December 2019

名称未設定3.001

MIKOTOGAMIブログ管理人のMACOTOです!


さぁ、前回に引き続き、今回は「芦屋尊髪研究所」のもう一つの意味についてちょっと話させて下さいね。


そもそも、なんでヘアーサロンの名前に「研究所」とか付いてるの?って思いますよね。。


「どうせ、何かのシャレで付けた名前でしょ?」とか、「ウケを狙ったんだろ?」とか、「ちょっと変わった事がしたかったんでしょ?」とか、色んな想像があるかをは思いますが、全部ハズレなんですよね。。多分。。


どういう事か、結論から言いますと、「ここは元々本当に研究所だったんです。」という事になります。

「・・・・。」

「は?」



(注)このブログは多分、今までのDIPERCHEを知って下さっている方以外、今のところは絶対に目にすることは無いと思うので、全部本音で書きますよん❤️(嫌われるかも・・・)



16年間やってきたDIPERCHE unionを閉めようと決めた理由は、みなさんのご想像通りです。

はい。

スタッフが川島しか居なくなってしまった事が原因です(笑)。

ちょっとカミングアウトになりますが、僕、MACOTOは「一生美容師なんか雇わん!」と決めていたので(表向きは「美容師さんを探してるんですけどね〜」とか、嘘ついてました 爆)、スタッフがみんな居なくなった段階で美容室は辞めようと決めていたんですね 爆。


で、前に居た「山口」っていう大嘘つき野郎が(オグラートになんぞ包みましぇん!)DIPERCHE unionを辞めた段階で、遂にスタッフは川島ひとりになっちゃったんですよね。


人って、考えが変わると極端な行動に出るんです。

「DIPERCHEで頑張ってやる!!」ってなってる時はいい目してたんっスよね〜、山口くん。

で、「一生着いて行きます!」みたいな(笑)。

本人にも何度か聞いたんです。「ホンマに川島と俺と頑張っていける?」って。


で、その3ヶ月後に突然


「何をどーこー言われても辞めます。」って。。(笑)


ビビりましたぞーMACOTOちゃん(笑)。

「どーぞ、お辞めになられて下さいまし〜♬」って事で、川島が晴れて、ひとりぼっちになったというわけです。


僕、内心ガッツポーズしながら思いました。

「やったー!これで美容院を辞める事ができるー!!」

まさかの川島も、ひとりぼっちじゃぁ無理っしょって思ってたんっス。


それが・・・・・・・



次回へ続く。。。


今回も最後までお読み頂きまして、ありがとうございます!